【予約制です。事前にお電話ください】

06-6136-7233

月・水・金
10:00-20:00
土曜日
10:00-13:00
休診日:
火・木・日・祝日・土曜午後

ご家族の方へ

身内の方が身体の不調や精神的な不調を訴えられると、ご家族の方も辛くなるものです。心の問題で悩んでいると行き詰ってしまい、どうしてよいのかわからなくなることがあります。そのような場合、ご家族や周囲の方のサポート(支え)が必要になります。まず、ご本人の話をゆっくりと聴いていただき、心の病気を疑われた場合には受診することを勧めていただきたいと思います。

受診を勧めるにあたって知っていただきたいこと

強いストレスが受けたり不適応を生じることにより、精神的変調を来すことや心の病気になることがあります。そのような時に、ご本人自身が「調子が悪い、病気かもしれない」と感じ医療機関を受診する場合は問題ありません。しかし、ご本人が異変に気づかない場合や、「調子がおかしい」と気づいてもどうしたらよいのかわからない場合、あるいは精神科や心療内科を受診することをためらうことがあります。その場合、ご家族の方は、できればご本人とゆっくりと話し合っていただいて、ご本人がどんな風に感じているのか、どんなことを考えているのか、どんな状況であるのかを聞いて理解していただければと思います。そして、受診を勧めていただくことが良いと思います。その際に、ストレートに「病気だ」などと言わずに、「疲れているようだから念のために一度受診した方がよいのでは」などと伝えていただくことをお勧めいたします。

ご本人が受診を嫌がっている・・・そんなときは。

ご本人から話を聴こうとしても、あまりしゃべってくれないことや話すことを拒否されることもあるでしょう。また、受診を勧めても、「どこも悪くない」「病院に行きたくない」と受診を嫌がられることもあります。そのような場合に強引に受診させようとすることは好ましいとは思われません。しかし、幻覚や妄想が疑われる時、自分を傷つけたり他人への問題行動がある場合は、すみやかに受診させるほうが良いでしょう。また、入院治療が必要な場合もありますので、顕著な精神症状があるときには地域の保健所、保健センターに相談されることは一つの方法です。